ホーム > 社長・スタッフブログ『ACTつれづれノート』

ブログ

社長・スタッフのまったりブログ

俵運び競争を見てきました

俵運び競争.JPG前にブログで淡路島の秋祭りを紹介しましたが、
買い物の帰りがけに

「あいはら俵運び競争」をしてるのを見かけたので
ちょっと寄ってきました。
 

競争中はナレーション実況も入って、盛り上がってました。
まるで運動会のような雰囲気で楽しかったです。
 

速い人はめっちゃ速くて、

俵を担いでるのを感じさせない鮮やかな走りでした。
お見事です!ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ウオオオォォォォォォォ……
 

豚汁の振る舞いもあり、大満足でした。

≫ 続きを読む

2012年10月08日 admin

カテゴリー:
タグ:スタッフ

稲刈り最盛期

稲風景.JPG

例年9月中旬から稲刈りをする人が多いのですが、
ここ2・3週間、週末は雨が多かったので、
今年は今回の3連休に稲刈りをする人が多いみたいです(*^-^)b


稲刈りの後は、刈り取った実(モミ)を乾燥させ、
殻(モミガラ)をはがす作業を行い、米となります。


モミガラをはがすのはとても大きな機械が必要で、
多くの農家はライスセンターと呼ばれる専用施設を借りて行います。


この時期は予約で1か月待ちになることもあります。
ライスセンターの予約合戦はもう始まってます!ヾ(`◇´)ノ彡

≫ 続きを読む

2012年10月07日 admin

カテゴリー:
タグ:スタッフ

健康診断

昨日は会社の健康診断の日でした。

「当日は朝食を食べないでください」という指示があって、
去年はこの指示を忘れてしまい、血糖値がとんでもないことになったのですが、

今年も朝、やはり食べそうになりました…

家族に指摘されてハッ( ̄△ ̄;)とし、今年はギリギリ食べずにいけました。

 

診断結果よりも朝食を食べてしまわないか、今から来年のことが心配です(´Д`;)/

≫ 続きを読む

2012年10月02日 admin

カテゴリー:
タグ:スタッフ

名塩ラーメン

サーバ管理の説明を受けに、京都まで行ってきました。

帰りに西宮名塩SAで夕飯を食べたのですが、名物?と思われる名塩ラーメンにびっくり。

なんと!

 

名塩ラーメン

 

海苔に文字が!

 

これも印刷なの?印刷って言っていいの?

ちなみに文字はインクではなくカルシウムで書かれているそうです。

面白いですね~

≫ 続きを読む

2012年09月29日 admin

カテゴリー:
タグ:スタッフ

ポスト登山

ポスト.jpg

なぜかわかりませんが、最近ACTのポストにアリさんがやってきます。

 

巣にされている訳ではなさそうですが、
通り道になってるようで、ちょっと寄り道していくみたいです。

 

もちろん甘いものを置いているわけではないですし、

何が原因かわからず…(;´Д`)

 

とりあえずアリを見つける度に、拭いたりしているのですが、
今後どう対処すればよいのか…しばらく様子見です。

 

わざわざポストに登って降りていくとは、登山気分でしょうか(; ̄д ̄)

…そんなのアリ?

2012年09月13日 admin

カテゴリー:
タグ:スタッフ

ハイカラ電車

何を隠そう、淡路島には電車がありません。
(50年程前にはあったらしいですが…)

 

まだ電車に慣れてない頃は、電車なんて「都会のハイカラな乗り物」という感覚で、
はじめて島外に出て電車に乗る時なんかは緊張したものです。

 

座席に座ると、向かいの人と目が合いそうで目のやり場に困ってキョロキョロ…
つり革の無いところに立って、耐え続けて足がつりそうになったり…
電車を降りて、改札機に切符を入れても切符が出てこなくて戸惑ったり…
大阪駅のホームが広すぎて迷子になり、何十分もあっちへこっちへ行ったり来たり…
電車独特のアナウンスが聞き取れなくて、乗り過ごしたこともしばしば…

 

一度慣れてしまえば気楽なんですがね(´ー`A;)

 

明石海峡大橋ができた時にはきっと電車も通ってると思ったのですが、
そもそもそんな計画はなかったようです、残念。

2012年09月12日 admin

カテゴリー:
タグ:スタッフ

淡路島の秋祭りまとめ2012

淡路島は農業・漁業が盛んなので、豊作豊漁を祈願して、年中お祭りも盛んなんです。

秋も多種多様の祭りがあちこちで行われますよ。その一部を紹介します!

 

だんじりに威勢よく水をかける!最後はなんと海に飛び込む!
【事代主神社水かけ祭り】2012年9月16日(日)
http://milky.geocities.jp/kyotonosato/hyogo/09/mizukake10.html

 

だんじりを担いで倒したり廻したり、アクロバティックに練りこむ!
【草香八幡神社秋祭り】2012年10月6日(土)宵宮
http://www.youtube.com/watch?v=ZIWom3fZbVE
【山田八幡神社秋祭り】2012年10月13日(土)宵宮
http://www.youtube.com/watch?v=DTOvSJ_ZBYo

 

電飾されただんじり!デコトラならぬデコダン!?
【室津八幡神社秋祭り】2012年10月6日(土)宵宮
http://www.youtube.com/watch?v=RnGD6O6WJxY

 

数え33歳になる女性が、華やかに神輿を担ぐ!
【なるとみさき祭り 女みこし】2012年10月7日(日)
http://www.youtube.com/watch?v=gHCwcAOP8hs

 

米俵を担いで競争する!おにぎりのふるまいも。
【河上神社天満宮秋季大祭 あいはら俵運び競争】2012年10月8日(月)
http://www.youtube.com/watch?v=X2a9yt0WTCg

 

舟形のだんじり!(刺身の舟盛りの実物版?)大綱引きも
【鳥飼八幡神社秋まつり】2012年10月20日(土)宵宮
http://www.youtube.com/watch?v=_3QiQC_9NOo

 

だんじりを豪快に投げ落とす
【湊口八幡神社秋祭り】2012年10月21日(日)
http://www.youtube.com/watch?v=4qLecAXpnW4

 

などなど…どれも見ごたえありそうですね!
機会があれば足を運んでみてはいかがでしょうか?

 


淡路島の秋祭りについて詳しくはポータルサイトあわじナビ!でまとめてくれています。

 

2012年09月11日 admin

カテゴリー:
タグ:スタッフ

複雑な文字組版の世界

本の紙面についてちょっと考察してみました。

 

日本語の文字のほとんどは、
一つ一つの文字が「正方形の枠(全角)」に収まるようにデザインされています。
そのため文章が何行にもなる場合、横に見ても縦に見てもおおよそキレイに整列される形になります。

 

日本語の本は、文章の左端も右端も縦にぴったり整列され、
離れて見ても文章領域の形が長方形に見える形が、
本になった時に読みやすい、美しい文字組みとされています。


一方、英語の文字はそもそも「正方形の枠」の概念がなく、
(「l」や「p」などアルファベットは基本的に縦長の形なので)
一つ一つの文字に合わせた幅で考えられています。
幅はバラバラなのですが、横につめて並ぶと単語のバランスが良くなるようにデザインされています。

 

でも、それだと文章の左端列は揃いますが、
(1文字ずつの枠幅がバラバラなので)右端は揃いにくいのです。
そのため海外の本は右端は空白にして揃えない場合もよくあります。


●さて、日本語と英語が混ざり合ったらどうでしょう?

 

日本の本は、左端も右端も揃えるのが基本なので、英語が混ざっていてもそれに合わせます。
英単語と英単語の間のスペースを右端が揃うように広げたり、
単語の途中にハイフン「-」を入れて文字列を切って揃えたりします(例:dictionary→diction-[改行]ary)。

 

英語の影響で日本語の正方形の整列も崩れてしまいます。
そのため、行ごとにバランスを考えて、読者が読んでいて違和感のないように
文字をつめたりする必要があるのです。

 

複雑な文字組版の世界。
しかし複雑であるほど、長年経験を積んできた弊社が得意とするところなのです。
組版について、さらに詳しく知りたい方は業務紹介ページをご覧ください。

 

本を作るなら、私たちにぜひお任せください!

2012年09月10日 admin

カテゴリー:
タグ:スタッフ

秋のいぶき

田園.jpg

 

残暑続く今日この頃、暑さも少しずつ和らいできて、秋を感じるようになってきました。

 

秋といえば、食欲の秋、収穫の秋、八代亜紀 Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン ということで、
田園が一面見渡す限り黄金色になるまであと少しのようです。

 

黄金色の田園風景を眺めていると、
アニメ「風の谷のナウシカ」の1シーンを思い浮かべるのは私だけでしょうか?
…私だけですね。収穫時期が楽しみです。

 

ACTスタッフにも兼業農家が多いのですが、
今年は淡路島にはあまり台風は来なかったし、
皆さんの豊作を祈願しています!

2012年09月09日 admin

カテゴリー:
タグ:スタッフ

タマネギハウス

タマネギ小屋.jpg

タマネギが名産品の淡路島では、農家がタマネギを愛しすぎて、
「タマネギのための家」を建てたりします。

 

タマネギがまったりくつろぐための家…その名は「タマネギ小屋」!

 

土の中で一生懸命に甘くなろうと努力してきたタマネギ
 

農家の人たちはそんなタマネギをねぎらって、
最大級のリラクゼーション空間を提供しているのです。
タマネギもまた、そんな農家の心意気に応えて、
来年もまた頑張って甘くなろうと誓うのでした。

 

…ゴホン、ちょっと妄想が過ぎましたが、その実態は、
収穫したタマネギを干して、乾燥・熟成させるための
木の骨組みだけの小屋なんです。

 

写真はタマネギの量が少ないですが、
小屋が隅々までタマネギで埋まっているさまは
初めて見る人には圧巻ですよ!

 

もし淡路島に来ることがあれば、6~8月をピークにそこら中で見れますので、ぜひ探してみて下さいね♪

2012年09月08日 admin

カテゴリー:
タグ:スタッフ
11月 2018年12月 1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

カテゴリー一覧

社長・スタッフのま ったりブログ

ACT採用情報

組版・印刷・出版は京都の印刷会社『共同印刷工業』